スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ネタバレあり)少女時代 アリーナツアーレポ 2013 大阪(3/26)

いまさっき帰ってきました。いや~やっぱり少女時代は最高ですね。彼女たちにいっぱい元気をもらった気がします。明日からもがんばるぞ!

さてさっそくレポです。

当たり前ですが、ステージ構成に変更はありませんでした。ステージ中央からY字型の花道が延びる形です。大阪城ホールでのアリーナ席は、縦に57列、横に72番ありました。30番から42番はY字の花道のスペースなので飛び番です。縦の30列目くらいがY字の先っぽあたりになりそうです。僕はアリーナの最後尾近く。ここからだとメインステージは相当遠いです。でも真正面なので全体が広く見渡せるのでまあ悪くはありません。

開演5分前。おもしろいことが起こりました。スタンド席にいるおじさんファンたちが大きな声で「let's goソシ!let's goソシ!」と煽りだしたのです。自然と周りの人たちも「let's goソシ!let's goソシ!」と声を出します。これは神戸のときにはなかったことです。なにかファンの間で約束事でもあったのでしょうか。もちろん僕も「let's goソシ!let's goソシ!」と叫びましたよ。

定刻を5分ほどすぎて公演開始。たぶんさっきのおじさんは声がガラガラでしょうね。お疲れ様です。前方スクリーンに煽りPVが流れ出します。これを見るのは二回目になりますが、また鳥肌です。この映像だけでもほしいくらいに完成度高いと思います。

一曲目はFlowerPower。ティファニー、ソヒョンの元気な笑顔が目立ちます。ダンスの完成度も明らかに神戸より高いです。テヨンは日本のメディアに出るときは大人しいですが、いざライブとなると本当にうれしそうに歌いますね。やっぱりテヨンは歌手なんです。歌を歌うのが大好きなんです。

精査はしていませんが、アンコール曲を含めてセットリストには変更はなかったっぽいです。僕の大好きな「I'M A DIAMOND」、「REFLECTION 、「BEEP BEEP」、「STAY GIRLS」、「GIRLS & PEACE」をやってくれて大満足です。MCのときにメンバーが言っていましたが、特に「STAY GIRLS」については少女時代のメンバーも大好きな曲で、自分たちが本当に伝えたいことを歌っているそうです。歌詞をよく読むと、ファンに支えられたからこそここまで辿りつけたんだという感謝の歌にも聞こえます。本当にいい曲ですよね。

ずっとご機嫌で聞いていたのですが、途中で気になることに気付きました。ユナがあまり笑わないのです。ときどき笑顔を見せてくれはするのですが、明らかに体調が悪そうです。ずっと心配していたんですが、最後の曲でサインボールを投げるときに、ものすごい強肩でボールを投げるのでびっくりしました。ユナの投げたボールだけがスタンド席まで届いていましたよ。ということでたぶん大丈夫だとは思いますが、大阪2日目はユナにいっぱい声を掛けてあげてください。

前のレポでも書きましたが、今回のツアーは2011に比べると規模は小さくなっている気がします。でも、その分ファンとの交流を大事にしたツアーだと思います。サインボールを投げ込んでくれるというのもそうなんですが、なによりも2011のときに比べて日本語をたくさん話してくれます。ユリは相変わらずたこ焼きが好きだそうです。スヨンは今年の誕生日は大阪でお母さんと食事をしたそうです。MCのときには、コスプレしてた人を探しては、「あ!パパラッチだ!」「あ!I GOT A BOYだ!」と手を振ってあげてました。こんな風にメンバーといっぱい触れ合えるのも、ツアーの規模が少しだけ小さくなったからかもしれません。

最後の大阪府立体育館も見に行きたいのですが、僕としては今回のツアーは今日で打ち止めです。今度のツアーはいつになるかはわかりませんが、その日を楽しみにこれからもがんばっていこうと思います。

追記
テヨンらしき人物がInstagramを始めて話題になってます。本物説が有力のようですが、本物かどうか確かめる方法を思いつきました。26日の写真で自身のネイルをUPしています。グレーというか紫色っぽいラメのネイルなんですが、27日にライブに行った人に本当に同じネイルをしているか確かめてもらうのどうでしょう。僕の席からは遠すぎてネイルまで判別出来ませんでしたが、最前列の人ならもしかして…。誰か確認できたら教えてください。

テーマ : ○●少女時代●○ - ジャンル : アイドル・芸能

(直前速報)少女時代 アリーナツアー 2013 大阪(3/26)

ついに少女時代が大阪にやってきます!

ほんとかどうかはわかりませんが、昨日はTwitterでも目撃情報があったりして、なんかそわそわした一日を過ごしました。開演時間は五時半なんですが、職場からだと間に合わないので無理を言って休みをもらいました。明日出社するのが怖い(苦笑)

前回の神戸のときよりも早めに家を出ました。するとさっそく環状線の大阪駅でコスプレをしている人を発見。海軍の白制服のやつです。このコスはスタイルに自信のある人しか着れないと思うんですが、今回の人たちもかなりスタイルが良くてきれいです。はっきりいってかなり目立ってます。なにあれ?KARA?とか言われてます。違うよ!と僕のほうから突っ込んでやろうと思いましたがもちろん自重しました。先日情熱大陸で特集されたりしてましたが、やっぱり世間の認知度ではKARAなんですよね。

1時45分、大阪城ホールに着きました。周りはこんな感じ。

まだまだ人は少ない印象。写真左手にもI GOT A BOYのコスの人がいますね。こっちのほうが露出少なめで着ているほうは恥ずかしくないかも?

階段上がってすぐのエントランス前にグッズ売り場があります。

この時間はまだ売り場は閉まってます。階段の上が最前列。右手に最後尾の看板があります。列の長さは50mくらい?少ないかな?と思って回り込んでみると…。


すいません。めっさくさ並んでます。写真で見えますかね?右手の奥に向かって何重にもなってます。これ何メートルくらいあるんだろ?いやキロかも!ということで僕はグッズは諦めて適当に散歩して時間を潰します。せっかく早く来たんですが、アラフォーのおっさんなので立って待ち続ける自信がありません。グッズ欲しい人はかなり気合いを入れないと厳しいかもしれないですね~。

また追記するかもしれませんがとりあえず直前速報としてはこのへんで。楽しんできまーす!

テーマ : ○●少女時代●○ - ジャンル : アイドル・芸能

(大気汚染)上海の空の様子(PM2.5)

この間上海について記事を書きましたが、内容的には上海についてというよりは、中国旅行を非難する人への文句みたいになってしまいました。今回は現地がどんな様子だったかを簡単に書いてみたいと思います。

上海へ行ったのは2月下旬です。上海の大気汚染は都心のわりには比較的マシだと聞いたことがあります。この噂の真偽を中国人に聞いてみると、上海万博のときにたくさんの工場を立ち退かせたからだと答えてくれました。本当かどうかはわかりませんが、確かにネット上のPM2.5の値は北京に比べれば常に低い数値になっています。

その中国人の話では、基本的に中国北部のほうが汚染は深刻とのことです。火力発電所が北部に多く存在しており、その多くは未だに石炭を使って発電しているからです。さすがに中国人であっても北京の現状は憂鬱らしく、僕がしゃべった上海人もとても心配していました。

上海の現地人でマスクをしている人はほとんどいません。ゼロに近いといっていいでしょう。マスクをしているのはたいていが日本の旅行者です。その日本人もずっとマスクをし続けている人は少ないんじゃないでしょうか。一人だけものすごい防塵機能のついたマスクをつけた女性を見つけましたがとても目立ってました。現地では乳幼児もたくさんいますが、みんなマスクなしで暮らしています。だからといって安全が保証されるわけではもちろんないですが、直ちに健康に影響がないのは明らかでしょう。行きたい人は行く。心配な人は行かない。それでいいと思います。ただ、前の記事でも書きましたが、たかだか上海への旅行程度で過剰反応している人は関東出張も心配したほうがいいでしょう。だって放射性物質怖いでしょう?あと西日本もPM2.5が流れてきていますので来ないほうがいいです。家でじっとしておくのが一番だと思いますよ。

さて、前置きが長くなりましたが、実際の上海の空と大気質指標の数値を紹介します。
一応、ここに記載する値というのはこのページ(上海 大気汚染: リアルタイムの大気質指標(AQI))から取りました。PM2.5の濃度は、時間によって変動するもの(一般的に朝夕の通勤時間帯が酷くなるようです)なので、本来なら一定時点での数値で比較するべきなのですが、今回の数値はバラバラの時間にチェックしました。

ちなみにこの大気質指標は、PM2.5の直接の量を表しているわけではないようです。100以下なら良ということですが、日本の数値を見てみると、意外と100を越えているところがあるのに驚きます。
日本の大気汚染:リアルタイム気質指数ビジュアルマップ


さて、これが2月21日の空。大気質指標は151。うっすらと霞がかかったような大気です。
20130221 141349


2月22日。前日よりもより視界は悪くなりました。大気質指標は前日より微増の155。
20130222 100950

23日は写真取り忘れ。天気はよかったのですが、大気質指標は最悪の250をマーク。

2月24日。快晴。外へ出てもとても気持ちがいい。大気質指標は180。
62094_491610327569701_2080237903_n.jpg

とまあこんな感じです。このデータで判るのは視界の悪さと大気質指標にはあまり関連性はないということです。靄がかかったような空気でも大気質指標は比較的小さかったりします。逆に、めっちゃくちゃ気持ちいい天気でも大気質指標がすごく大きいこともありえます。報道では視界の悪さをことさらに強調した映像が流されたりしますが、視界が悪いからと言って大気が汚れているとは限らないのです。マスコミも商売です。どぎつい映像のほうが視聴者が喜ぶのを知っています。

とりあえず、これから中国に行く人は、マスコミの報道に過剰反応することなく、実際の大気質指標を確認して旅行先を判断しましょう。少なくとも健康な成人男子なら上海はまったく問題なく旅行できると思います。大気質指標だけを見ると、大阪でも150くらいのところはありますので、いま大阪に行くのと上海に行くのとはそんなに変わらないんじゃないでしょうか。


テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。