スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「教育基本条例案」「職員基本条例案」の修正案

教職員処分規定:職務命令3回違反で免職 大阪府・市(毎日新聞 2012年2月8日)

府市統合本部で「教育基本条例案」「職員基本条例案」の修正案を巡る議論があったようです。

君が代不起立とかが話題になりがちだけど、個人的には相対評価の導入と天下り禁止規定に注目しています。

相対評価については、公務員の目的は「公益」の追求ということもあって、民間のように利益や売り上げといった単純な数値で評価することは難しいと思います。

でも、だからといって評価することから逃げるということはあってはならないと思います。どこの自治体もそうだと思うんですが、自治体の人事評価なんてほとんど形だけの評価にしかなってないのが現実です。

相対評価の導入は、従来のポーズだけの評価から緊張感のある評価へと変わっていくいいきっかけになると期待しています。

天下りについては、天下りとは何かという定義が重要ですね。

大阪府と大阪市が犬猿の仲というのは周知の事実ですが、聞いた話では、天下りする際には特に話し合いもなく、自然と府職員と市職員で順番に1年交代で天下っていくとのこと。

自分に都合のいいときだけ連携ばっちりってどういうこと?と常々思ってたところです。もうそういうことは止めましょうよということ。

もちろん僕も天下り禁止に異論はありませんが、退職する職員が普通に再就職する際には自由にやらしてあげたいところです。

スポンサーサイト

テーマ : 地方行政と政治 - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。