スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(大阪府)オープン府庁ポータルサイト

時間がないので紹介のみ。

大阪府は、府政の透明性を向上させるため、府のHPで政策決定過程の公表を開始した。
↓↓
オープン府庁ポータルサイト 大阪府HP

特徴としては、政策決定の前段階の打合せ(課長ら所属長以上参加のもの)の議事録なども公表の対象としている点だ。これは事業仕分けのさらに一歩先を行く試みだと思う。こういうことがどんどん進んで、府民が直接府政を監視できるようになれば、議員の役割が相対的に低下していくんじゃないだろうか。

ちなみに、時事通信によると、「府政情報室によると、政策決定過程を公表するのは全国的にも例がない」と書いてあるけど、大阪市もやってるよ。
↓↓
政策決定に至る過程の公表 大阪市HP

でも、大阪府のほうが格段に見やすいし、議事録まで公表しちゃってるから一歩も二歩も上手だね。

ただ、ひとつだけ注意しないといけないのは、大阪市も大阪府も全部の政策決定過程を公表しているわけじゃないことだ。特に大阪府なんかは、知事の重点施策を優先して公表すると明言している。せっかく作った仕組みなんだから、知事のパフォーマンスに使われるだけなんてことにならないようにしてほしいものです。

スポンサーサイト

テーマ : 地方行政と政治 - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。