スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども手当に所得制限?

僕は鳩山さんを心の底から無能だと思っているんだけど、彼の政権にも歴史的な功績があると思っていて、それは子ども手当だと思ってる。

子ども手当の何がすごいって所得制限をつけなかったことだ。金持ちも貧乏人も一律にもらえる。これがものすごく画期的なことだった。

その子ども手当に所得制限がつきそうだ。所得制限をつけたと言われると一見公平性が増したように思うけどそんなことは全然ない。というのも、所得というのは追いかけるのがとても厄介で、会社の経営者や個人事業主の場合、いくらでも所得隠し的なことができる。この点、サラリーマンは所得を誤魔化しようがないため、あきらかに羽振りの良い個人事業主が子ども手当をもらっているのに、昼飯代すら切り詰めるサラリーマンは子ども手当をもらえないという事態も十分ありえる。公平感は逆に損なわれる可能性がある。

しかも、この受給者の所得を追いかけ続けるという作業は、けっこうな負担だ。行政コストは格段に上がるため、所得制限をつけるということはより「大きい政府」に近づくということになる。いまこの財政状態の中で「大きい政府」的な方向を目指すのはどうなんだろうか。

もし子ども手当を見直すのであれば、所得制限ナシなところはいじらずに、現金給付をやめて保育所で使えるクーポンみたいなもの変えればいい。そうすると子ども手当が貯蓄に回ったりすることもなく景気対策にもなる。

でも、たぶん所得制限を付ける方向で落ち着くんだろうな。これで子ども手当は単なる児童手当の拡張版という陳腐な制度になり変ってしまった。個人的には残念だなあ。。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。