スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(書評)2010年のベスト1

2010年もあとわずか。
備忘録として今年読んだ本のベスト1を紹介しておきます。

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
(2010/06/10)
藻谷 浩介

商品詳細を見る


この本の面白さは推理小説を読む面白さに似ています。

日本を蝕むデフレの本当の原因は何なのか。

中国・韓国などの台頭によって日本の国際競争力が下がってしまったからか?
東京にのみ一極集中し、地方経済が疲弊してしまったからか?
政治が混迷し、一貫した成長戦略に欠けていたからか?
日銀がお金を刷らないからか?

サムソンやLGの躍進は著しいし、北海道夕張市の破綻に代表されるように地方経済は悪化の一途を辿っている。しかも、こんな緊迫した経済状態にも関わらず、民主党は政治とカネの問題で迷走し続けている。

そんなニュースばっかり見ているから、てっきり僕もこういうことが積み重なってデフレになっているんだと思い込んでいた。しかし、著者によるとそれらは「ピントのずれた処方箋」であって、時間とエネルギーを消費するだけなんだそうな。

では、デフレの本当の原因は何か?

それは、「現役世代の減少」(少子・高齢化ではないのがミソ)だと著者は断言する。

この結論を導くまでが本当に小気味いい。世間ではあまり注目されない指標を取り上げ、その事実を徹底的に積み上げることでこの結論を導いている。しかも、その他の「ピントのずれた処方箋」を論破する様は、まさに名探偵コナンのようだ。

このあたりはネタばれ?になるのであえて触れませんが、ぜひ本書を買って味わってみてください。

ちなみにamazonの書評を見てみると、何故かこの本をバッシングしている人がいるようだけど、僕にはその人の気持ちが理解できない。著者が言っていることは、単に事実を積み上げればこうなったよというだけだ。もし反論したいなら、著者の挙げる事実に誤りがあることを指摘するとか、同じ事実から別の結論を導くとかしたほうがいい。経済学の常識を知らんとかしょーもない批判をする人は、まさに著者が指摘する「演繹」だけで「帰納」ができない人ということなんだろうね。

印象的だったフレーズをひとつだけ。

人口の減少は、国民が経済活動に使える時間の総合計=人口X365日24時間(これを「国民総時間」と仮称させてください)の減少でもあります。

不可避の人口減少に伴い日本の「国民総時間」がどんどん減っていく中で、GDPを成長させるためには、国民一人一人の1時間あたりの生産水準と消費水準をどんどん上げていかなくてはなりませんね。

前者の時間当たりの生産水準は、機械化や生産技術の革新などで果てしなく高めていくことが可能だと思いますが、後者の時間当たりの消費水準に関しては、これを際限なく伸ばしていくことが可能なのでしょうか?


こういう発想は、この本を読むまで僕にはなかった。

人口減少が日本の「国民総時間」を奪っていく!これほど解り易くて怖いセリフはなかなかないよね?

・・・

さて最後になりましたが、ことし1年ありがとうございました。みなさま、よいお年を。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。