スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄光なき天才たち(京都大学の再生医療)

山中教授ノーベル賞受賞おめでとうございます。異例のスピード受賞ということで、いかにすごい研究かがわかりますよね。

私事ではありますが、僕の親族に再生医学を専門とした研究者がいましたので、昔からこの分野のニュースはよく聞かされました。山中教授のことも名前が売れる前から聞いたことがあります。今日、このビッグニュースに接して、いままで聞かされていたいろんな人たちの業績がこのノーベル賞に昇華したような気がして、なんともいえない感動に包まれています。

京都大学の再生医療は山中教授以前から世界的にも最先端を行っていたと聞いています。ということで、今日は僕なりに京都大学の再生医療についてざっと振り返ってみます。

1.始まりは移植医療

再生医療をものすごくざっくりした言葉で説明すると、例えば欠損したり機能を失った生体組織なんかをいかにして再生させるかという技術です。

一番原始的な考えは移植医療です。例えば交通事故死した人の腕を切り取って腕のない別の人に移植する、脳死者から心臓を移植するといったようなことです。失った生体組織を死体から取ってきてくっつけてしまえという考え方。

でも、この考えは2つデメリットがあります。ひとつは免疫学的な問題、もうひとつは倫理的な問題です。免疫学的な問題というのは、いわゆる拒絶反応というやつで、臓器移植で取り付けた臓器もしょせん他人のものです。人体がそれを異物として排除してしまうのです。

もうひとつ、倫理的な問題というのは、死とは何かという考え方の違いに基づくものです。長く心臓死を人の死として考えてきた日本では、そもそも脳死は人の死ではなく、脳死者から臓器をもらうというのは考えられないことでした。

ただでさえそのような土壌がある中で、あの和田心臓移植事件が発生し、日本の臓器移植の研究者は脳死者からの臓器移植という道が完全に閉ざされてしまうというハンデキャップを負ってしまいます。

そこで、90年代には、生体肝移植という分野が京大で発展しました。生体肝移植とは健康な人の肝臓の一部を切り取り、末期の肝不全患者に移植するというものです。肝臓は再生能力が高く、健康な人の場合、肝臓の65パーセントを切除しても、約1年後にはほぼ同等の大きさまで再生します。この技術では、脳死者からの移植という倫理的な問題は回避できるものの、また別の難しい問題が発生することになります。たとえば、そもそも健康体の臓器提供者にメスを入れるということや、患者の親族は臓器提供して当たり前という世間からのプレッシャーをどう処理するかといったことが問題となりました。

また、これと並行して人工臓器の研究も進みます。最初の臓器はナイロンやビニロン、プラスチックなどが使われたそうですが、人体との相性が悪く、激しい拒絶反応を引き起こします。そこで、京都大学では、80年代あたりから、医学部や工学部出身者を集め医用高分子センターという研究所を作りました。このあたりから面白い業績が出てきます(後述)。

一方で、アメリカではES細胞というのが流行りだします。ES細胞というのは、人の受精卵から作る万能細胞のことです。万能細胞といわれるのは、この細胞を培養すれば、耳や目、心臓や肺などを作ることができるからです。この技術のインパクトは強烈なものでした。なんせ細胞一個からあらゆる臓器が作れるんです。病気をするたびにES細胞で新しい臓器を作り交換する。不老不死に近づける技術として注目されます。また、受精卵を使うということで倫理的な問題も注目されたりしました。あの例の韓国の学者が、捏造論文を発表したりして注目を浴びたのもこの分野の研究でした。


2.自然治癒力による再生医療

アメリカでES細胞が花盛りのころ、京大は別の道を突き進みます。冒頭で触れた僕の親族もこの分野の研究者でした。「でした」というのはその親族はもう死んでしまっているからです。まあ、そういう辛気臭いことは抜きにしても、僕は個人的にこの研究が大好きです。考え方がすばらしいと思います。ぜひ皆さんに知ってほしいと思います。

京大では人工臓器の研究が進んでいたと述べました。ナイロンやビニロン、プラスチック、シリコンでも駄目だった人工臓器ですが、ある材料が注目されます。

それは人体に一番多く存在するたんぱく質、コラーゲンです。このコラーゲンをスポンジ状にして、たとえば食道の形に型取りしたものを人工臓器として埋め込みます。すると食道のつなぎ目からスポンジ状のコラーゲンを足場として細胞が増殖し、いつのまにか失われた食道が生えてきたのです。コラーゲンは生体吸収性の素材です。体の中で自然に溶けてなくなるので、最終的には完全に食道が再生されてしまうという仕組みです。このコラーゲンを使った生体吸収性の人工臓器では、気管や食道、末梢神経、骨、軟骨などで目覚しい成果が得られ、世界の注目を浴びました。

臓器移植は免疫的・倫理的に問題があります。ES細胞は免疫的には問題ありませんが倫理的には大きな問題があります。しかし、この京大の研究は免疫的にも倫理的にも問題はありません。だって自分の体が生体吸収剤を足場にして自然に再生するのです。自分の体の中で、まるでトカゲのしっぽが再生するかのようにです。

僕がこの研究をすばらしいと思うところは、自然治癒力を使って(人間の本来の力を使って)臓器を再生させているというところです。僕は勝手にこの研究を「自然治癒力と使った再生医療」と呼んでいます。僕の親族は言っていました。この研究分野は西洋医学のようであって、東洋医学的かもしれないと。たしかにWikipediaを見ると、東洋医学とは、「人間の心身が持っている自然治癒力を高めることで治癒に導くことを特徴とする」とかかれています。そういう意味では、京大の再生医療は西洋医学でありながら東洋医学的であったといえるかもしれません。

ということで、ES細胞のアメリカ、コラーゲンを使って人間の自然治癒力を極限まで高める日本、まさに西洋医学と東洋医学の戦いのような競争が行われてました。2000年代中盤くらいまでは。


3.山中教授登場

そんななか現れたのが山中教授です。山中教授の業績はすでにニュースでさんざん紹介されていますよね。そう、iPS細胞の開発です。

iPS細胞はES細胞と違って受精卵を使いません。普通の細胞を使って万能細胞を作れます。ということで倫理的な問題はクリアされます。はっきりいってノーベル賞受賞という範疇にとどまらず、人類史に残る業績だと思います。

ただ、これでES細胞の研究はもう時代遅れかというとそうではないようです。ES細胞とiPS細胞との比較などまだまだES細胞の研究は必要なんだそうです。また、「自然治癒力と使った再生医療」も無駄になったわけではありません。iPS細胞を本当に使える心臓や神経に分化させるのに、「自然治癒力と使った再生医療」の考え方は必ず生きてくると思われます。

そういうことに思いを馳せると、いままでのいろいろな人のいろいろな研究が、山中教授のノーベル賞に繋がっているんだなあと感じて胸が熱くなります。山中教授は言いました。これは日本という国が受賞したのだと。本当にそう思います。
いや、もっと広い目で見ると、この研究は、京大だけでなく日本中、世界中の栄光なき天才たちが命を削った研究の成果の結晶なのです。僕の死んでしまった親族も天国で喜んでいるでしょう。


お勧め文献(かなり古いけどとてもわかりやすい)
人体再生 (中公文庫)人体再生 (中公文庫)
(2003/01)
立花 隆

商品詳細を見る




スポンサーサイト

テーマ : 科学・医療・心理 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2012

お久しぶりです。

2012になりました。

8月を最後に4カ月も更新がストップしてしまいましたわけですが、じつは夏前に念願の第一子を授かりまして、それ以来生活スタイルは一変。

自分の時間が極端に減ったというのは当たり前なんですが、趣味嗜好が以前とまったく変わってしまいました。

子どもができる前は政治や地方自治関連のネタなんかを面白がって見ていたのですが。。。

・・・

ま、ボチボチ再開したいと思いますので今年もよろしくお願いします。




(5月29日実施)第162回TOEIC受験結果

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉
(2009/08)
Educational Testing Service

商品詳細を見る

ツイッターではつぶやいていましたが、今年の春から地味にTOEICの勉強をしておりました。

で、先日5月29日受験分の結果が返送されてきましたので結果を晒したいと思います。

LISTENING: 440
READING: 315
TOTAL SCORE: 755


今年の抱負にTOEIC750点を挙げておりましたので、ギリギリではありますが目標はクリアできました。しっかし、リーディング苦手すぎるだろ、俺(涙)。

僕がとった勉強方法は以下の通り。

リスニング対策
・「英語耳」という本を読んで発音のイロハを覚える。
・「公式問題集Vol.4」のCD教材を何度か聞き込む。

リーディング対策
・「公式問題集Vol.4」を解き、自分の弱いパートの把握。
・「解きまくれ!リーディングドリルTOEIC TEST Part5&6」で弱点を潰す。

以上です。

ただし、公式問題集については2回分テストが付いていましたが、時間不足のため1回分しか消化できませんでした。
また、解きまくれ!についても、Part5の部分しか消化できず、Part6については全くの手つかずの状態で試験に臨まなくてはなりませんでした。リスニングとリーディングでは、ほぼ1:3くらいの比重で時間をかけたように思います。

自分としては、かけた時間の割には中々の点数が取れたので結果には満足していますが、比較的対策をしていたリーディングの点数が思った以上に取れていないことにガッカリしている面もあります。

リスニング対策でよかったことは、まず英語耳という教材で発音の基礎を固めたことだと思います。この教材は古くからのベストセラーだけあって、今まで疑問だったhurtやheartの発音の違い、seeとsheの発音の違いなども明快に解説してあります。ここで発音の基礎をしっかり叩き込んでから公式問題集の音源を聞き込んだのがよかったのだと思います。ある程度発音の基礎ができると、ただ聞き流すだけでもある程度の意味は把握できるようになってきます。

リーディング対策でよかったことは、公式問題集で最初に苦手なパートを把握してから勉強をしたことだと思います。自分の場合は、明らかにPart5,6が弱点であることがわかったので、問題数の多い「解きまくれ!」を買うことにしたのです。ただ、「解きまくれ!」は問題数が多すぎて、時間のないサラリーマンがやりこなすには重たすぎる気がします。実際最後まで解くことができませんでしたし。

とにかく、これで目標だった750点越えはクリアです。不完全燃焼な感じは否めませんが、これでTOEIC対策としての英語の勉強は一応最後にして、これからは楽しむための英語を学びたいなと思っています。

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる
(2010/08/12)
松澤喜好

商品詳細を見る


解きまくれ!リーディングドリル TOEIC TEST Part5&6解きまくれ!リーディングドリル TOEIC TEST Part5&6
(2010/05)
イ イクフン

商品詳細を見る



テーマ : TOEIC - ジャンル : 学校・教育

(首相公選制)首相のリーダーシップは何に宿るのか

今回の震災の対応ぶりから管さんのリーダーシップの欠如が問題視されているけど、そもそも首相のリーダーシップって何に宿るんだろう。

与党議員が自分たちで選んだ党首なんだから、普通に考えると首相の言うことちゃんと聞くはずだよね。でも、実際は自公が提案する内閣不信任案に小沢一派が同調しようとしてる。なんでこんなことになるんだろう?

この点、大阪府知事の橋下知事の考えは明快だ。橋下知事に言わせれば、リーダーシップは個人に宿るものではなくシステムに宿るもの。今の議院内閣制の仕組みでは、誰がやったってリーダーシップは宿りっこないという。
橋下徹知事:「首相公選制」導入を主張 毎日JP

議院内閣制を採用する日本のおいては、首相はしょせん公選された議員が選んだリーダーであって、国民が直接選んだリーダーではない。言い換えると、国民にとって一番最適な人ではなく、政治家にとって一番最適な人が首相になるのが議院内閣制なのだ。政治家の権力の源泉は結局は「票」なんだから、国民に期待されていない首相の命令なんて誰も聞くはずがない。ちょっと支持率が下がろうものなら「交代しろ!」となっちゃうもんだから、首相にリーダーシップがないのは当たり前なのだそうだ。

ではどうするか。国民の意思と乖離しがちな議院内閣制を廃止し、首相公選制を導入すべきだと橋下知事はいう。首相公選制にすると、首相は国民が直接選ぶことになるから、さすがに議員もいうことを聞くだろうと。

ちなみに大前研一氏も首相公選制の導入論者らしい。
日本の首相 国民の投票により直接選ぶべきと大前研一氏提言

ふーんそいうもんなのかねえと思って、個人的に首相公選制について調べてみたけど、なんか違うな。僕は明確に反対です。

反対の理由は二点。

一点目は、実は今でも実質的に首相公選制は実現できているということ。つまり、今だって自民/民主の二大政党の党首選は、党員登録(サポーター登録)さえすれば誰だって投票することが可能なんだから、実質的な首相選出手続きともいえる党首選出手続きは、国民一般に開かれているといえるからだ(民主党なんかの場合は、在日外国人にまで門戸を開いちゃってるくらいだしw)。

二点目は、リーダーシップの欠如が議院内閣制のせいだとしたら、小泉純一郎と鳩山由紀夫の存在が説明できないと思うからだ。だってそうでしょ。議院内閣制の下でだって小泉さんのリーダーシップは凄まじいものがあった。一方、鳩山さんが首相になったあの選挙では、国民みんなが鳩山さんが首相になることを承知の上で民主党に票を入れた。しかも、就任直後の支持率だって70%を上回っていた。実質的に国民みんなが鳩山さんを首相に選んだ。でも、現時点で鳩山元首相にリーダーシップがあったと言う人がいるとしたら、その人は相当アレな人だ。

同じ議院内閣制のもとでリーダーシップを発揮した小泉さん。迷走を繰り返した鳩山さん。この2人を見ていると、リーダーシップの発揮においては、やはり個人の資質も非常に大きなファクターになってるなあと思うわけです。

ということで、僕の個人的な結論としては、首相公選制にしたところで第二の鳩山さんは防げないと思ってる。

じゃあ、どうするか。とりあえす、今回の大震災みたいなケースはマジで国難なんだし、そこは日本が一つになって、今の日本政府を応援するしかないんじゃないの?もっと言うと、なんで谷垣さんは震災復興担当大臣を断ったの?それを断っといて内閣不信任案提出って骨の髄まで野党だよ。このままだと谷垣さんは歴史に名を残すよ。もちろん悪い意味でね。。


テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

この人を見よ!【長野県庁 VS 小役人】

御無沙汰しています。

最近スマートフォンが便利すぎて困っています。

行き帰りの電車の中でブログやツイッター、フェイスブックをつらつらと見てるだけで、一日のトピックがなんとなしにわかっちゃう。

ただ、スマートフォンを見て「おっ?」と思うようなネタを思いついても、ブログ更新までスマートフォンで済ませるには、まだ画面サイズやら入力方法とかの面でイライラすることが多い。やっぱり長文作成には大画面&キーボード入力のほうが圧倒的に便利なんだよね。

ところが皮肉なことに、スマートフォンのお手軽さに慣れてしまうと、家に帰ってPCの起動ボタンを押すこと自体が億劫になってしまい、家でブログ更新するなんてことがなかなかできなくなってしまいました。うーん。困ったものです。

ということで、今日は本当に久しぶりに家のPCを起動してこの文章を書いています。

さて、今日はこの人↓です。公務員ブログ1位らしいから有名人なのかもね。

【長野県庁 VS 小役人】 作家兼業職員、なんちゃって。

長野県庁の現役職員が、実名で地方公務員の「不都合な真実」を暴露していますw。

これまでも匿名でこういう活動をする地方公務員はたくさんいましたが、実名でここまでやる人を僕は見た事ありません。

さっそく5月17日の記事に、そうなんだよね~と思わせる文章がありました。

一生懸命よい仕事をしていた若手の役人が、上司から、「一生懸命仕事するな」と注意されたというエピソードが、印象に残る。あまりよい仕事をすると、後任がそれだけの仕事ができない、というのがその理由らしい。


要するに、人事異動があったときに行政品質が下がったって言われないために、最初から品質を低くしておけってことなんだけど、これ、僕も何度も言われました。何度考えても意味不明で納得できないし、納得したら終わりだと思う。

僕自身、民間から役所に転職をして、こういう役所の常識(≒民間の非常識)なんかをいっぱい体感してきました。このブログを始めたのも、僕が公務員体質に染まり切ってしまう前に、そういう体験を記録しておきたかったという思いがあったからです。

その一方で、民間時代には見えなかった公益というものの奥深さを知るにつれ、あまり役所の非常識ばかりをあげつらってもなあと思って、役所批判みたいなものは避けるようになりました。もしかしたら僕自身が知らない間に役所体質に染まってきたのかもしれない。そう思いたくないけど。

でも、今回この人のブログを発見して、何か初心のようなものを思い出した気がします。いい刺戟を受けました。

これからもこのブログ続けようと思いますのでよろしくお願いします!

テーマ : 地方自治 - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。