スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle ダイレクト・パブリッシングで縦書きの本を出版する方法

久しぶりの更新です。

キンドルが上陸して誰でも電子書籍が出版できるようになったという噂を聞きつけまして、さっそく僕も試してみました。

確かに出版は本当に簡単。Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)というサイトにアカウントを作って自分の原稿をアップロードするだけ。

ファイルアップロードのあと、権利関係とかいろいろ設定できるみたいだけど、あまりこだわらずにサクサク次へ進むのが吉。悩んだところでどうせそんなに売れません。
最後に出版ボタンを押すと、審査にとおれば、Kindleストアに内に自分の本が並びます。

僕の本(?)もちゃんどKindleストアに並んでいます。べつに売る気がないのでここで紹介したりはしないけど、なんかすごく気分がいい。

****

ところで、出版自体は上に書いたとおりとても簡単なんだけど、一点だけすごく苦しんだところがあるので情報共有のためにメモしておきます。

どこで苦しんだかというと、ページ送りの方向設定です。

もう少し詳しく書くと、ぼくのこだわりとして本はやっぱり縦書きにしたかったので、原稿を縦書きで作ったんですが、作成した電子書籍をAndroid版Kindleでダウンロードして読むと、文章自体は縦書きになっているものの、ページ送りが左から右方向になってしまってたんです。

これをちゃんと縦書きかつ右から左へページ送りにするために、僕は以下の手順で原稿を作りました。

1.生原稿を作る

まず前提として、KDPはHTML形式のファイルとEPUB形式のファイルの2つに対応しています。たいていの人はワードで生原稿を作ってHTML変換してアップロードすると思います。でも僕は残念ながらワードを持ってません。

ということで僕はOpenOfficeで生原稿を作ることにしました。

というのもOpenOffice自体がタダだし、拡張機能writer2epubというのがあって、これをOpenOfficeに追加するとボタンひとつでodtファイルをEPUB形式に変換できるからです。

OpenOfficeいいですね。ちなみにこの段階で縦書きにしておきます。

2.EPUBに変換する

原稿ができあがったら、1に書いたとおりにwriter2epubボタンで自動的にEPUBに変換します。

このときにCSS3で縦書きにしますか?みたいなポップアップが出てくるのでYESを押しておきます。

すると拡張子がEPUBのファイルが作成されます。

3.opfファイルを修正する

EPUBファイルの実態はZIPファイルです。さきほど作成されたEPUBファイルの拡張子をZIPに変更して展開してみましょう。

すると、OPBFというフォルダがあるのがわかると思います。そのなかにcontent.opfというファイルがあるので、これを以下のようにメモ帳で修正するのです。

<spine toc="ncx">
↓修正後
<spine page-progression-direction="rtl" toc="ncx">


「ltr」が左から右、「rtl」が右から左だそうです。

修正したあとは再びZIPで圧縮し、拡張子もEPUBに戻しておきます。

4.EPUBファイルのアップロード

さきほど作成したEPUBファイルをKDPにアップロードします。

正しいフォーマットのEPUBファイルだとKDPがかってにキンドル用のMOBIファイルに変換してくれます。

変換後はkindle previewerなどのツールで表示を確認しましょう。

あとは権利関係の設定等をして審査を待つだけ。よかったら試してみてください。


スポンサーサイト

テーマ : 電子書籍 - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。