スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ネタばれなし)さや侍(混ぜるな危険)

伝説の番組、働くおっさん劇場。
働くおっさん劇場 [DVD]働くおっさん劇場 [DVD]
(2007/07/14)
TVバラエティ、松本人志 他

商品詳細を見る

さや侍を語るのにこの番組は避けて通れない。個性豊かな(?)おっさんがダウンタウンのまっちゃんにイジリ倒されるだけの番組なんだけど、僕はこの番組が好きだった。

いやむしろ好きを通り越して中毒といってよかった。

前歯がなく、すぐにテンパる野見さん。小さなウソをつく気弱なフリーター、福田さん。なぜか女装をしている青柳さん。唯一まともそうな吉田さん。その中でも一番異彩を放っていたのは野見さんだった。

番組のタイトルコールすらまともに言えない。字を書かせたら誤字脱字だらけ。リアルで出会ったら絶対に目を逸らすだろうなと思うほどの強烈なキャラクター。でも、そんな野見さんをなぜか何度も観てしまう。

なんでこんなに野見さんに魅かれるんだろう?この人よりマシだと優越感に浸れるから?追い込まれたときの挙動不審ぶりが面白いから?

確かにそういう気持ちがない訳ではない。でもそんな言葉では表現できない魅力が野見さんにはある。なんというか少年のような純粋さというか、擦れていないひたむきさというか。。そういう気持ちを思い出させてくれるから、僕は何度も繰り返して観てしまったんだと思う。

ということで、僕が今回「さや侍」を観ることにしたのは、松本人志が監督しているからではなく、野見隆明さんにまた会えると思ったからだ。

ネタばれになるので詳しくは書きませんが、一言だけ感想を。

これは傑作です。

ストーリーとしては骨太で単純だけど、「さや」しか持たない侍という設定が既に文学。それに加えて野見さんの迫真の演技のおかげで、単なるコメディー以上の、優しい愛に溢れた素晴らしい作品になっていると思う。親と子のきずなの物語として観てもいいし、必死にがんばるサラリーマンの物語として観てもいい。まっちゃんファンの人なら、さや侍をまっちゃんと重ねて観るのもいいだろう。ラストに賛否両論があるみたいだけど、ラストはそんなに重要じゃない。

僕はこの映画をみて仕事を頑張ろうと思いました。公益に携わる人間として、野見さんがいつまでも笑顔でいられるような社会を作りたい、照れくさいけどマジでそう思ったのでした。ありがとう野見さん。あんた最高にかっこいいよ!

追記
一晩寝て思いついた。野見さんは心の漂白剤!混ぜたら危険なときもあるけど、普通に使えば心が真っ白になる。


スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画 - ジャンル : 映画

(映画評)白夜行

白夜行 (集英社文庫)白夜行 (集英社文庫)
(2002/05/17)
東野 圭吾

商品詳細を見る


えーっと。

僕自身はそんなに映画を見るタイプではないんだけど、去年の秋から試写会の抽選に当たる当たる。

この「白夜行」で今月3回目の試写会当選になりますw。

映画『白夜行』公式サイト 2011年1月29日(土)全国ロードショー

ネタばれになるので詳細は書きませんが、ストーリー自体は驚きの仕掛けがしてあるので、長めの上映時間のわりには飽きることなく最後まで観ることができます。

刑事役を演じる船越英一郎はもちろん、主演の高良健吾も堀北真希も素晴らしい演技。

特に堀北真希は難しい役どころだったのに、見事にはまっててすごい女優さんだなあと感心した。

でも、映画を見終わった後、なんとなく印象が薄いというか余韻が残らないというか。

なんでだろと考えてみたんだけど、ラストのネタばれ部分がやや説明的で長すぎたかなと。

もうちょっとテンポよくすれば、印象が強いまま観終われたのになあとちょっと残念でした。

ちなみに僕は原作もドラマも観てなかったんだけど、映画を見終わった後、あーこれ原作を本で読んだらもっと面白いんだろうなと思った映画でした。

どっちかというと、高良健吾と堀北真希を見に行く感じの映画かなと思いました。

白夜行 完全版 DVD-BOX白夜行 完全版 DVD-BOX
(2006/06/23)
山田孝之、綾瀬はるか 他

商品詳細を見る

テーマ : 最近見た映画 - ジャンル : 映画

(映画評)僕と妻の1778の物語

僕と妻の1778の物語 (角川文庫)僕と妻の1778の物語 (角川文庫)
(2010/12/25)
半澤 律子、百瀬 しのぶ 他

商品詳細を見る


映画「僕と妻の1778の物語」公式サイト

これも試写会が当たったので年末に見に行った。

映画「ソーシャル・ネットワーク」と同日(1月15日)に公開予定らしいけど、個人的にはこっちのほうがおススメ。

がんに侵された妻のために毎日1話ずつ短編小説を書いていく話。

草なぎ剛と竹内結子が夫婦役なんだけど、SF作家という設定のせいなのか、草なぎ剛という人間の地の部分のせいなのか、とにかく夫役の朔太郎の浮世離れした性格が鼻に付いて途中何度も興ざめした。
なんというか、そんな純粋な男いるのかねぇって感じ。

竹内結子演じる妻もものすごい優等生妻。ていうか妻というよりお母さんみたいな感じでじゃっかん気持ち悪い。

でも、そこらへんをガマンして見続けると最後はすごい感動で終わります。

というか、この映画はラスト5分が全てといっていいかも。

題名は地味な映画ですが、個人的には映画館でみる価値はあると思う。

ネタばれになるから書きませんが、DVD化された後、このラスト5分を繰り返し再生する人が続出しそうな感じがします。

ちなみに、最近見た映画の中でもお客さんの号泣率はナンバー1でした。

↓こっちが元ネタ本。この映画って実話ベースなんだよね。

妻に捧げた1778話 (新潮新書)妻に捧げた1778話 (新潮新書)
(2004/05)
眉村 卓

商品詳細を見る


テーマ : 最近見た映画 - ジャンル : 映画

(映画評)「ソーシャル・ネットワーク」

ソーシャル・ネットワーク (デビッド・フィンチャー 監督) [DVD]ソーシャル・ネットワーク (デビッド・フィンチャー 監督) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る

ソーシャル・ネットワーク公式サイト

1月15日公開なんですが試写会で見てきました

ひとことで言うと、世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」創設者マーク・ザッカーバーグの半生を、半分をドキュメンタリーで、半分を創作で描いた映画。

日本では「Facebook」よりも「mixi]のほうが有名だから、いきなり「Facebook]とか言われてもイマイチなじみが薄いと思うけど、ちょうど今日こんなニュースが出てた。

フェイスブック、グーグル抜き首位へ 米サイト訪問者数 2010年のシェア、調査会社調べ (日本経済新聞 2011/1/10)

ということで、「Facebook」はついに「Google]を抜いて通年で首位にたったことになる。これからは要注目でしょうね。

・・・

さて、肝心の映画のほうだけど、感想としては「ふっつー」。

思いがけず成功した人間が、色んな思惑の人間に巻き込まれて苦労するというありきたりのストーリー。

ちょっと他の映画と違うのは、すごくスピード感があってテンポがいいこと。

あとは主人公のマークに一貫して当事者意識がないところだ。全部自分のことなのに他人事みたいな感じ?

例えば、寮の女性たちの写真をハッキングで入手し、勝手に彼女たちのランキングサイトを作って非難を浴びるが、当のマークには悪いことをしているという意識があまりない。

他にも色々と道義的にスレスレのことをするんだけど、主人公のマークには規範の問題に直面しているという意識がまったく欠落しているのだ。

しかも、あっという間に膨大な会員数を獲得して行っているのに、特にそのサイトでお金儲けをしようと考えるわけでもない。ただクールなサイトを作って好きな子を見返したいと思ってるだけ。

なんか掴み所ない奴だなあと思って見てたんだけど、よく考えてみるとそれこそがまさしく天才の特徴なんだなと思ってきた。

「天才とは蝶を追っていていつのまにか山の頂上に立っている人のことである」

これはまさに主人公マークにぴったりの言葉じゃないか!

そんなマークも「ナップスター」創設者のショーン・パーカーと出会ってから変わっていくんだけど、ま、これ以上は映画館で見てください。一応、映画館で見る価値はあると思います。個人的にはハーバード大のエリートたちの生態を知ることができるのが一番面白かったかな。

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
(2011/01/13)
デビッド・カークパトリック

商品詳細を見る


テーマ : 最近見た映画 - ジャンル : 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。